涙枯とFC東京と私     当ブログは2chとは全く関係ないので,つい間違えて来てしまった方はブラウザを閉じることをおすすめします。さようなら。
by namiscape
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
トヨタカプファイナル2
1-0で、前半終了。
b0061007_7513112.jpg

トヨタカプの良いところはそれぞれのチームの控えの選手がG裏真ん前でウォーミングアプをしてくれるところですかね。
私はリバポ側のG裏だったので、なんとこんな人たちが目の前を走りこんでました。
b0061007_7521264.jpg

シセとクラウチと愉快な仲間たち(;´Д`)
b0061007_7524542.jpg

一応、大声でシセと叫んだら手を振ってくれました。サンパウロサポの人たちもシセシセ叫んでたけど、あなたたちサンパウロサポでしょ?節操なさすぎ(;´Д`)

イングランドのサポーターの人たちにも着目してみた。
この人たちのこの帽子、カラータイマーみたいに点滅してカッコイイ!
b0061007_7581263.jpg

ユルネバもばっちり録画したんですが、アプするところがなかったので割愛(´ー`)
b0061007_8204140.jpg


後半は見せ場がたくさんあって、
・ゴールまで約30メートル、中央やや左寄りからのFK。ジェラードが直接シュートを放ち、ゴール右上隅にボールが飛んだが、GKセニがコースを読み、片手一本でセーブ。続くシャビ・アロンソの右CKはゴール中央に高いボールが入り、ヒーピアが競りに行くが、GKセニがキャッチ
・右サイドの深い位置、ペナルティーエリアすぐ外からのFK。ジェラードがファーサイドにクロスを入れたが、ヒーピアは触れず。逆サイドまで流れたところを、再びクロスを折り返し、ルイス・ガルシアがヘディングシュートをゴールに決めたが、判定はオフサイド。
・シャビ・アロンソの右CK。DFに跳ね返され、2本目は高いボールをファーサイドへ。ヒーピアがインサイドのボレーで合わせ、ゴール左隅に決めるが、シャビ・アロンソの蹴った弾道がゴールラインを割っていたとの判定で、ノーゴール
この3つの場面は録画したんですが、やはりアプするところがなくてやむなく割愛。
一人で動画見てニヤニヤしてます(´ー`)
しかし、試合を見ながら手前でシセがアプしてるってすごい光景だな。笑い
b0061007_8172726.jpg

以下、適当に写真載せましたのでお楽しみください
b0061007_8224095.jpg

b0061007_8231763.jpg

b0061007_8263177.jpg

b0061007_8233123.jpg
b0061007_8234478.jpg

b0061007_8235650.jpg

ロスタイムに入って、リバプールの猛攻。ジェラード、強烈なシュートも外れる。試合を支配していたのは、21本もシュートを放ったリバプールだったが、わずか4本しかシュートを打てなかったサンパウロにワンチャンスを決められ、敗北してしまった。勝っているチームはいじらないという、鉄則を破って思い切った奇策に出たベニテス監督だが、策士、策に溺れるというカタチになってしまった。

南米の勝負強さが如実に現れた試合でした。いやぁ面白かった
b0061007_8241077.jpg

シシーニョは、サイドは違うが、ロベルト・カルロスのプレイスタイルに似ている。ブラジルは伝統的にサイドに良い選手が多い。日本代表のサントスは、その劣化コピーのようなものである。笑い

引用部は全部ヲーカーさん。ヲーカーさんの表現は非常に的を得てる。レアルは良い選手を獲得したものである。日本もせめてこのクラスのブラジル人を帰化してほしいものだ。笑い。
[PR]
by namiscape | 2005-12-20 08:27 | サッカー
<< タワレコバス ハロプロショップ >>